新宿駅 南口より
3分33秒


脈を診る

この時期は、毛細血流、末梢循環が低下しやすい時です。この末梢循環が低下しますと、皮膚の表面の組織と筋肉の間の組織が弱ります。この結果、筋肉に炎症や痛み、こりが発生します。脈診・鍼専門では”陽虚”(ようきょ)と診断します。たとえば、首の痛み、肩の痛み、背中のジンジンする痛み症状、また、首のこり、肩こりで呼吸が浅く、息が苦しい、肩の前側の強い肩こり。自律神経の失調が原因しての頭痛、めまい、不眠、朝から身体が重く、疲れが取れない症状、体調不良の症状です。この様な症状に対して、当院の独自の手法は、6ミリ〜8ミリの深さの組織を改善します。この効果によって、末梢循環を高め多くの症状が楽になります。気持ちのいい身体、元気な身体、行動の出来る身体に改善します。新しい細胞に。身体は人生の芸術品。健康の土台を作りましょう。


こんな症状の方
所在地MAP
 
「こんな症状の方・鍼治療」「鍼専門ではどのような症状に効くのか」をご説明します。
 
鍼専門・診療所の所在地、MAP。
当院のご案内
脈診流とは
 
料金・鍼治療までの流れ。
 
脈診流・鍼治療について、効果や症状を詳しくご説明いたします。
加速度脈波とは
最近の症例
 
脈診・鍼治療と加速度脈波について、詳しくご説明いたします。
 
最近の症例をご紹介します。
プロフィール
角貝の
 
角貝釀計のプロフィール。経歴、実績を紹介します。
 
いつでもどこでも手軽にできる、角貝釀計が独自研究した”つぼ”をお教えします。
よくある質問
ツボと鍼治療の解説
 
よくある質問をまとめました。その他、なんでもご相談を受け付けます。
 
首の痛み、肩の痛み、背中の痛み、症状、ツボの解説、鍼治療の技術について詳しくご説明いたします。
ENGLISH
肩こり・背中こり
 
脈診・鍼術の英語版はこちらからご覧いただけます。
 
首のこり、強い肩こり、背中のこり、症状の解説と 脈診・鍼専門の治療法を詳しく説明します。
脈診・鍼治療の臨床
 
当院の脈診・鍼治療の臨床の流れをご紹介します。
例えば、慢性肩こり、慢性背中の痛み、慢性疲労、自律神経失調。

mail
ご相談・ご質問・お問い合わせはこちらへどうぞ。
 
www.tsunogai.com

Copyright(C) 2001 THE SOKEN ACUPUNCTURE CENTER. All rights reserved.