自分で手軽に出来るツボをお教えします。
手のひら摩擦・脳健康法 肩こり・肩の痛いあなたへ
お腹ツボ押し・健康法 腰の痛み・腰痛のあなたへ
お腹ツボ押し・健康法(その2) 胃痛・足がむくむあなたへ
土踏まず・健康法 頭痛・不眠・頭重のあなたへ
アキレス腱・足がつるあなたへ 疲れやすい体質のあなたへ
陽気シャワー健康法
腕がだるい・腕が痛いあなたへ

手のひら摩擦・脳健康法(角貝流)
 ▼ストレスに効くツボ

▼ツボ名と部位
ストレスには、左右それぞれの手のひらの、親指の付け根の膨らみの中央にある【魚際】(ぎょさい)、手のひらの中央にある【労宮】(ろうきゅう)、人差し指の親指側、爪の角より3ミリ隔たったところにある【商陽】(しょうよう)というツボが最適です。

▼ツボの押し方
最初に手のひらの中央にある【労宮】のツボを、左右の手を10回、親指の腹でキュー・キューと強めに押します。
次に、親指の付け根の膨らみの中央にある【魚際】を、左右7回、親指の腹でキュー・キューと押します。最後に、人差し指の爪の角より3ミリ隔たったところにある【商陽】のツボを5回、親指の先を立ててキュー・キューと押します。

■手のひら摩擦・脳健康法:角貝釀計■
【1】左右の手のひらをピッタリと合わせ、手のひらを、さする摩擦します。手のひらの中心部(労宮)を意識して、約1分間、温かくなるまで摩擦して下さい。

【2】次に右手親指の付け根の膨らみがあるところから指先に向かい、約1分間、左手の手のひらの中央部で、さする摩擦をして下さい。このやり方で右手と左手両方行って下さい。

【3】さらに、手の甲側、人差し指の爪の角から手首に向かい約1分間、温かくなるまで手のひらの真ん中でさすり摩擦して下さい。

【4】最後に、左手親指の腹で、右手のひらの真ん中部分をゆっくりコネコネともみほぐす様に力を入れて、7回程度、左右の手のひらをもみ、ほぐして下さい。このやり方で、丁寧に繰り返し行って下さい。


▼効能

基本的には、1日3回手のひらの血行を良くして下さい。また、気がついたらいつでもどこでも手のひらの血行をよくして下さい。

心は軽くなり、解放されます。

脳がリラックスして、自律神経の働きが良くなります。

ストレスに強い身体になります。全身を元気にする方法です。

ストレスによる肩こり、頭重い、頭痛、頭がスッキリしない時にも効果的です。

風邪がなかなか治らないときに手のひらの血流を良くすると治りが高まります。

肩こりの体質を改善するためには、肩以外の手の血流を良くすると効果的です。

毎朝、トイレの中で座って行っても効果的です。

気軽に出来ますので、是非、実行してみてください。

■新聞:日刊現代(2001年2月)に紹介されております。
■企業:ユニアデックス株式会社(2001年1月号)[わくわくほっ!とライン]ホームページに
  紹介されております。

mail
 ご相談・ご質問・お問い合わせはこちらへどうぞ。


TOP  こんな症状の方  所在地  ご案内  鍼専門の肩こり
脈診流  加速度脈波  最近の症例  プロフィール 脈診・鍼治療
”つぼ”アドバイス  ツボと鍼治療の解説  Q&A  ENGLISH

tsunogai.com に掲載の文章・画像データの無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。
Copyright(C) 2001 THE SOKEN ACUPUNCTURE CENTER. All rights reserved.